サーチ・インサイド・ユアセルフ

エモーショナル・インテリジェンスを企業で取り入れた例

エモーショナル・インテリジェンス とは、「自分や周りの人の感情を理解して、そこから得られた情報を自分の行動や考え方に活用する」という能力のことです。知能の高さを示すIQに対して、EQと呼ばれることもあります。 Google が開発し...
ブログ

ルームランナーで「走る瞑想」

先日、ジムに行ったときに、ルームランナーで「走る瞑想」を試してみました。すると、外を走るよりも「走る瞑想」がやりやすかったです。 「走る瞑想」とは 「走る瞑想」とは、走りながら、「今、ここ」で起こっていることに意識を向けるマイ...
MBSR

マインドフルネス瞑想の2つの方法について

マインドフルネスストレス低減法 (MBSR) や、サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY) といったマインドフルネス研修では、マインドフルネス瞑想のやり方として、2種類の方法が紹介されます。 一点に意識を集める今感じていること全てに...
マインドフルネス瞑想のやり方

音を観察する瞑想

マインドフルネスとは、「今、ここ」で起こっていることに気がつく、ということです。 マインドフルネス瞑想では、「今、ここ」で起こっていることを観察します。たとえば、呼吸や体の感覚、五感を通じて感じること、心で起こっている思考や感情など...
サーチ・インサイド・ユアセルフ

公平な人には共感し、不公平な人には復讐したくなる

共感とは、他の人が感じていることを自分も感じることです。また、そうすることによって、人と人とのつながりをとのつながりを感じることでもあります。 共感力は、人間に生まれつき備わった能力です。人間は集団で生活してきたので、進化の過程でこ...
サーチ・インサイド・ユアセルフ

感情は身体に表れる

感情を表現するときに、身体の感覚を使うことがありますね。たとえば、「腹が立つ」とか、「胸が熱くなった」とか。 様々な感情は、特定の身体の部分の感覚と結びついていそうです。 このことを具体的に調べた興味深い実験がフィンランドで行...
マインドフルネス よくある質問

長時間瞑想するときの座り方

私は、床の上であぐらをかいた形で座る瞑想をします。お尻の下にクッションを敷いてやったほうが背筋が伸びて、膝も楽なので、小さなクッションを使っていました。 クッションを使って座っていても、40分程度でお尻や膝が痛くなってきます。この痛...
サーチ・インサイド・ユアセルフ

ジャーナリング 私のやり方

「ジャーナリング」は、自分の心の中に浮かんできたことを紙に書いていく、というマインドフルネスの実践方法の一つです。Google が開発した人材育成プログラム、サーチ・インサイド・ユアセルフでも自己認識を高める方法として紹介されています。 ...
サーチ・インサイド・ユアセルフ

ジャーナリングの効果 2分間だけでも効果あり

ジャーナリングは、自分の心に浮かんできたことをそのまま紙に書き出す、という心のトレーニングです。Google で開発されたマインドフルネス研修「サーチ・インサイド・ユアセルフ」でも取り入れられています。 ジャーナリングのやり方は、下...
サーチ・インサイド・ユアセルフ

ジャーナリングの効果 トラウマへの対処

ジャーナリングは、自分の心に浮かんできたことをそのまま紙に書き出す、という心のトレーニングです。 Google で開発された社員トレーニング「サーチ・インサイド・ユアセルフ」でも取り入れられています。ジャーナリングのやり方は、下のリ...
タイトルとURLをコピーしました