マインドフルネス瞑想のやり方

胃の痛みを観察する

私は辛いものが好きなのですが、辛いものを食べすぎるとお腹を壊してしまいます。 先日、カレーにチリーペッパーを大量にかけて食べたら、胃が痛くなってきました。 夜寝ているときも、胃が痛かったです。「明日の朝になっても胃が痛かったら...
ブログ

オートパイロットモード

オートパイロットモードとは? 初めての職場に通勤する時、道を間違えないように、電車を間違えないように、気をつけて職場まで行きますね。 ところが、何か月も同じ職場に通い続けると、途中、いろいろなことをつらつらと考えながらでも職場...
書籍

「進化とは何か」

リチャード・ドーキンス博士著「進化とは何か」を読みました。 この書籍は、1991年に英国王立研究所で行われた子供を対象として行われた「進化」についての講義を編集したものです。 リチャード・ドーキンス博士といえば、「利己的な遺伝...
マインドフルネス瞑想のやり方

屋外で「歩く瞑想」

「歩く瞑想」は基本的に部屋の中で 「歩く瞑想」は、「今、ここ」に意識を向けるマインドフルネス瞑想の実践方法の一つです。 「歩く瞑想」は、「座る瞑想」と比べると、次のような利点があると思います。 動いている身体の感覚、特に...
マインドフルネス よくある質問

心がさまよっている時、人は不幸になる

人間は、過ぎ去った過去のことや、まだ始まっていない将来のことをつらつらと考えて多くの時間を過ごします。 このような「さまよう心 (wandering mind) 」は、脳のデフォルトモードネットワーク(DMN) の働きによるものです...
書籍

「人体、なんでそうなった?」

最近、ネイサン・レンツ博士著「人体、なんでそうなった?」という本を読みました。 人間の体は、とても精巧にできているように見えますが、進化の歴史の都合で、さまざまな不具合があります。この本は、そのような人体の不都合なデザインを面白おか...
ブログ

逆境に強い人の3つの秘密

Lucy Hone 博士は、逆境にある人の回復力(レジリエンス)についての研究者ですが、ある日突然、自分自身が研究の対象になったことに気が付きました。愛する娘が交通事故で亡くなったのです。 娘を突然なくしたことで世界は突然暗転し、毎...
サーチ・インサイド・ユアセルフ

ネガティブバイアス

人間はポジティブなことよりも、ネガティブなことの方に目が行きやすいものです。このことは、ネガティブバイアスと呼ばれます。 以下のようなとき、ネガティブバイアスがかかっているな、と思います。 一日にあったことを振り返るとき、いや...
ブログ

死の恐怖をマインドフルネスで克服する

この記事では、死の恐怖に対して「マインドフルネスで対処する」という方法が有効かどうか、考えてみます。 私にとっての死の恐怖 私が「死」の意味を理解したのは、6歳のときです。親戚のおじいさんが亡くなり、お葬式に出席しました。葬式...
ブログ

自分への優しい気持ちは向上心につながるか?

他の人に優しくしてあげるように自分に対して優しい気持ちを持つことを「セルフコンパッション」といいます。 クリスティン・ネフ博士によると、セルフコンパッションを通じてモチベーションを向上し、心の健康を保つことができるそうです。詳細は、...
タイトルとURLをコピーしました