感情は身体に表れる

angerサーチ・インサイド・ユアセルフ

感情を表現するときに、身体の感覚を使うことがありますね。たとえば、「腹が立つ」とか、「胸が熱くなった」とか。

様々な感情は、特定の身体の部分の感覚と結びついていそうです。

このことを具体的に調べた興味深い実験がフィンランドで行われました。ここではその実験の概要を説明します。

実験の方法

  1. 701名の実験の参加者に、様々な感情を体験してもらいます。
  2. それぞれの感情ごとに、身体の活性化した部分、非活性化した部分をマークしてもらいます。
  3. 各人がマークした部分を集計し、ヒートマップを作ります。

実験の結果

実験の結果できたヒートマップが下の図です。

たとえば、上段の一番左の Anger (怒り)を感じているときは、顔、胸、手の感覚が活性化されているのがわかります。

また、上段中央の Happiness (幸福)は、顔や胸で強く感じていますが、体全体で感じていることがわかります。

またこの実験にはフィンランド人と台湾人が参加していましたが、人種や言語によって、ヒートマップの結果は変わらなかったとのことです。

この実験からわかること

感情に振り回されている時は、自分の感情に気づきにくいものですが、身体の感覚を観察することによって、自分の感情に気がつく可能性があることを、この実験は示しています。

ボディスキャンマインドフルヨガを通じて体の感覚を感じるトレーニングをすると、感情にも気が付きやすくなると思います。

つまり、「感情」も、「手足の感覚「や「呼吸の感覚」と同じように、観察の対象にすることができます。感情は、脳や身体で起こっている現象であって、自分自身から距離をおいて、観察することができるということですね。

もう一つ、この実験からわかることは、人類はみんな同じ様な感情を持っているということです。

人類(ホモ・サピエンス)は、約20万年前にアフリカで進化して、その後、世界中に広まったと考えられています。世界中の人は、肌の色や顔つきは違っていても、ほとんどの遺伝子を共有しており、基本的な身体や心の仕組みは同じなのです。

私達は、なにか辛いことがあったときに、「自分だけがこのようなつらい思いをしている」と思いがちですが、その感情はすべての人類と共有しているものなのです。こう考えると、少し楽になるでしょうか?

Google が開発した人材育成プログラム「サーチ・インサイド・ユアセルフ」では、マインドフルネス瞑想やエモーショナル・インテリジェンスの効果を、脳科学の観点から説明しています。この研究についても、「サーチ・インサイド・ユアセルフ」のプログラムの中で紹介されています。


出典: https://www.pnas.org/content/111/2/646

コメント

タイトルとURLをコピーしました