ブログ一覧

椅子ヨガ

椅子ヨガとは、椅子に座ってヨガのポーズを実践することです。チェア・ヨガとも呼ばれます。ここでは、マインドフルネスストレス低減法(MBSR) ...

マインドフルネスの資格

マインドフルネス資格としてのMBSR講師 マインドフルネスが今日のように世界中に広がったきっかけは、ジョン・カバットジン博士がマサチューセ...

慈悲の瞑想

「慈悲の瞑想」とは、自分や他者を慈しむ心を育てるための瞑想で、もともとテーラワーダ仏教の伝統の中で実践されてきたものです。ここでは、マインド...

マインドフルネスのやり方

マインドフルネスは、「今、ここ」で起こっていることに気がつくことです。これを身につけることにより、ストレスを減らし、集中力を高める効果があり...

マインドフルネスストレス低減法(MBSR) とは?

マインドフルネスストレス低減法 (MBSR: Mindfulness Based Stress Reduction) は、アメリカのマサチューセッツ大学医学部でジョン・カバットジン博士によって開発された、マインドフルネスを活用してストレスを低減するためのプログラムです。 目次 1. 歴史 2. カリキュラムの内容 2-1. プログラムの期間 2-2. クラスへの参加と自宅練習 2-3. 実際の体験やグループ学習を重視 2-4. 科学的な裏付けに基づくカリキュラム 2-5. 自分自身をいたわること 3. プログラムの効果 4. 科学的な根拠 5. プログラムの参加方法

マインドフルネスとは?

マインドフルネス (mindfulness)」は、英語の形容詞「マインドフル (mindful)」 の名詞形です。「マインドフル」は、日本語にすると、「気が付いている」といった意味です。ですから、「マインドフルネス」の意味は、「気が付いているということ」です。また、そのための方法やスキルを意味することもあります。 何に気が付いているかというと、「今、ここ」で起こっていることについてです。 たとえば、「あなたは今、何をしていますか?」と聞かれて、「ウェブサイトを見ています。」と答えたとします。そうすると、「今、ここ」で自分が何をやっているか気が付いているので、この瞬間はマインドフルな状態です。

マインドフルネスヨガとは

マインドフルネスヨガとは、ヨガの実践方法の一つで、特に自分の身体や心の状態に気づいた状態で実践するヨガのことです。マインドフルネスストレス低...