ブログ

サーチ・インサイド・ユアセルフ

扁桃体ハイジャック

怒りや恐怖に襲われて、理性を失ってしまったことはありませんか? その時、あなたの頭の中では、「扁桃体ハイジャック」が起きています。 扁桃体ハイジャックとは 「扁桃体ハイジャック」とは、ダニエル・ゴールドマン博士がその著書「EQ...
サーチ・インサイド・ユアセルフ

難しい会話の対策

職場にいても、プライベートでも、難しい会話をしないといけないときがあります。たとえば、上司に昇給をお願いしたり、部下に悪い評価を伝えたり、隣の家の人にゴミを出す日を守るように伝えたりするのは、気後れしますよね。 この記事では、ハーバ...
サーチ・インサイド・ユアセルフ

失敗しても落ち込まないために

マーティン・セリグマン博士の著書 "Learned Optimism" 「邦題:オプティミストはなぜ成功するか」 によると、失敗したときに落ち込むのは、自分の説明スタイルによるものだそうです。楽観的な説明スタイルを学んで身につけることで、...
サーチ・インサイド・ユアセルフ

マインドフルネス瞑想で脳が変わるか?

マインドフルネス瞑想によって脳の機能が変わるでしょうか? EQ (心の知能指数) の研究で有名なダニエル・ゴールマン博士がその著書 "Altered Traits" で、これまでの世界中での研究成果を簡潔にまとめているので、紹介し...
サーチ・インサイド・ユアセルフ

「幸せがずっと続く12の行動習慣」ソニア・リュボミアスキー

ソニア・リュボミアスキー博士は、アメリカのカリフォルニア大学リバーサイド校でポジティブ心理学を教えている教授です。 「幸せがずっと続く12の行動習慣」の原題は、"The how of happiness" です。人が幸せになるための...
マインドフルネス瞑想のやり方

泳ぐ瞑想のその後

以前、このブログの中で、泳ぐ瞑想の記事を書きました。 簡単に言うと、プールでの長距離水泳をやっている間にマインドフルネス瞑想をするというものです。詳細は、前の記事をご参照ください。 その後、肩を痛めたりして中断した時期もありましたが、概...
ブログ

ミャンマーの瞑想センターに行ってきた

ミャンマーのヤンゴン市内にある瞑想センターで、2018年10月8日から22日まで実質13日間、瞑想をしてきました。自分にとって、大変有意義な経験でした。 以下、そのときの体験を紹介します。 瞑想センターに到着するまで 私...
マインドフルネスの効果

マインドフルネスは老化を遅らせるか?

マインドフルネスの習慣を続けていると、老化を遅らせる効果があるでしょうか? 脳科学の研究によると、十分その可能性がありそうです。 瞑想者は加齢による脳の萎縮が少ない カリフォルニア大学LA校のEileen Lud...
ブログ

人類進化とマインドフルネス

ハーバード大学の人類進化生物学教授、ダイエル・E・リーバマン教授による「人体600万年史ー科学が明かす進化・健康・疾病」を読んで、この本がマインドフルネスの理解にとても役に立つと思いました。 以下、この書籍の概要と、なぜマインドフルネ...
マインドフルネス よくある質問

大切な人に拒絶されたとき、マインドフルネスは役に立つか

誰か大切な人から拒絶されたと感じたとき、怒りが収まるまで、どれだけの時間がかかりますか? マインドフルな人とそうでない人では、この時間に違いがあるでしょうか? この研究に関する記事を読んだので、以下に紹介します。 研究の内容 ...
タイトルとURLをコピーしました