椅子ヨガ

椅子ヨガMBSR

椅子ヨガとは、椅子に座ってヨガのポーズを実践することです。チェア・ヨガとも呼ばれます。ここでは、MBSR(マインドフルネスストレス低減法) で取り入れらえているマインドフルネスヨガを、椅子に座ったまま実践する方法を説明します。

マインドフルネスヨガにおける椅子ヨガ

マインドフルネスヨガでは、ヨガのポーズをとることによって、体の各部分の感覚を観察し、「今、ここ」に意識を向ける「マインドフルネス」を実践します。

身体を鍛えたり、柔らかくしたりすることが目的ではありません。

椅子に座ったままでも、身体感覚を観察することは可能です。立ち上がったり横になったりできない方は、椅子に座った代用のポーズでヨガを実践するようにお勧めしています。

マインドフルネスストレス低減法(MBSR)のプログラムでは、「立った姿勢のヨガ」のポーズと「横になった姿勢のヨガ」のポーズの2種類のマインドフルネスヨガを練習します。ここでは椅子ヨガの例として、この2種類のヨガの代用ポーズの方法を説明します。

椅子ヨガのやり方

マインドフルネスヨガでは、椅子に座ってやるときにも、自分の身体をいたわって、大切に扱います。身体を鍛えることよりも、身体感覚を観察して、自分の体と親しくなっていただくことが目的です。決して無理なポーズは取らないようにお願いします。

身体に故障がある方は、専門の医師の指示や助言に従って実践してください。

講師のガイダンスの通りにポーズをとる必要はありません。その時の体の状態や体調に合わせて、ポーズの方法を自分で工夫しましょう。また、必要に応じてポーズを途中で抜けたり、ポーズの種類によっては、ポーズは取らずにお休みするようにしましょう。ポーズをとっているところを想像したり、その時の体の感覚を観察したりして過ごしましょう。

下のビデオでは、立った姿勢のヨガと横になった姿勢のヨガのそれぞれについて、同じ画面で椅子での代替ポーズを表示しています。

立った姿勢のヨガ(椅子での代用ポーズ含む)

横になった姿勢のヨガ(椅子での代用ポーズ含む)

椅子ヨガの効果

ここでご紹介した椅子ヨガを実践することによって、「いま、ここ」にある身体の身体感覚を感じる練習を行うことができます。これはマインドフルネスストレス低減法(MBSR)に取り入れられているマインドフルネス瞑想の手法の一つで、このヨガの練習を通じて、マインドフルネスを養って、ストレスを低減していきます。

マインドフルネスストレス低減法は、マインドフルネスの考え方を取り入れて、精神的なストレスや肉体的なストレス(疼痛など)を低減するためのプログラムです。

MBSR(マインドフルネスストレス低減法プログラム)へのご参加については、以下のページをご参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました