飲酒とマインドフルネス瞑想

drinkingブログ

私の場合

私はお酒に強いわけではないですが、お酒大好きです。マインドフルネス瞑想を始める前は、基本的に毎日夕食時に飲んでました。

ところが、マインドフルネス瞑想を始めてすぐに、お酒を少しでも飲むと、瞑想できないことに気が付きました。

お酒を飲むと、心の中で猿がキーキー騒いでいるような、いわゆる「モンキーマインド」になって、瞑想が辛くてつまらないことに思えてきます。瞑想なんかよりもっと楽しいこと、たとえば、もっとお酒を飲むとか、バカ話をするとか、を求めてしまうのです。

その一方で、お酒を飲まなければ、瞑想することができます。瞑想から得られる幸福感とか気持ちよさは、お酒に勝ります。寝る前に瞑想すると夜ぐっすり眠れます。もちろん二日酔いの心配もありません。

つまり、毎晩、次の二択を迫られるということになりました。

選択肢利点欠点
1. お酒を飲まない寝る前に瞑想できる。瞑想は気持ちいいし、ぐっすり眠れる。
二日酔いしない。
お酒を飲みたいという欲望に対処しなければならない。
2. お酒を飲む飲んでいる間は美味しい、楽しい、気持ちいい。瞑想できない。
よく眠れないことがある。
少しでも飲みすぎると二日酔い。

いろいろ曲折はありましたが、結果として、基本的に自宅ではお酒を飲まなくなりました。

飲み会や家族の集まりなどがあるときには、「お酒は社会の潤滑油」だと思って、飲んで楽しむようにしています。 たまにしか飲まないので、よく飲みすぎてしまいます。

どうも、お酒を飲む前の自分と、少しでも飲んだあとの自分とでは、人格が異なっているようです。お酒を飲む前に、「今日は1杯だけで終わらせよう。」と思っていても、1杯でも飲むと、もっとお酒を飲むべき理由をたくさん思いつきます。

もっとお酒を飲むべき理由の数々:

  • みんなで酔って騒いでいるのに、自分だけ「しらふ」なのは、みんなに対して申し訳ない。
  • 少しでも飲めば、どうせ瞑想はうまくいかないので、何杯飲んでも同じことだ。1杯だけで終わらせる理由が見当たらない。
  • このお酒はとても美味しいので、もう1杯飲むべきだ。人生は楽しむべきものだ。
  • 自分は普段お酒飲まないのだから、こういうときは多めに飲んでも許されるのだ。

これを後で振り返ると、次のようなプロセスが頭で起こっているのでは、と思います。

  • 人間の行動は、理性ではなく感情が決めている。
  • 理性的に行動するときでも、「理性的に行動して首尾一貫した人間でありたい」という感情が行動を決めている。
  • お酒を少しでも飲むと、快楽を求める感情のレベルが強くなって、理性的に行動しようとする感情を簡単に押しのけて、もっと飲んでしまう。
  • それでも、理性的に行動しようという感情が残っているので、いろいろな理由を考え出す。

お酒とは

アルコールは脳内の報酬系に作用することによって快楽を感じさせます。この報酬系も進化の過程で発達したものです。本当は遺伝子を残す活動を苦労してやった結果、少しだけ得られる快感です。遺伝子を残すために頑張るための仕組みです。

それをお酒を飲むだけで快感を得ることができるなんて、良くないことが起こるに決まってますよね。実際に、「少量のお酒を飲むより全く飲まない方が体にいい」という研究もあります。

お酒を飲む猿もいるそうですが、人間の進化の過程では、今の社会のようにお酒をお金で買っていくらでも飲める、という状況は想定されていなかったと思います。

進化の過程では想定されていない報酬系に作用するものとして、お酒以外にも次のようなものがあります。のめり込む危険があるものばかりですね。

  • 麻薬
  • ポルノ
  • ギャンブル
  • ゲーム

結論

「お酒を1杯飲んだあとでも、自分のお酒に対する執着を知って適切に対処する。」ということが、自分の課題ですね。

「全く飲まない」ということを試した時期もありましたが、今の自分にはどうもバランスが悪い感じです。お酒を飲む猿もいるらしいですし。

飲酒に前後や最中に自分の心の中を観察するのも、マインドフルネスの実践になるのではないかと思います。

(これもお酒を飲むためのあとづけの理由かもしれません。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました