エンビジョニング と アファメーション の違い

サーチ・インサイド・ユアセルフ

Google が開発した人材開発プログラム 「サーチ・インサイド・ユアセルフ」プログラムでは、モチベーションを自分で作って持続させていく方法として、次の3つのステップを提唱します。

  1. 仕事と自分の価値観を一致させる (アラインメント:Alignment)
  2. 自分が成功している将来をありありと思い浮かべる (エンビジョニング:Envisioning)
  3. 失敗から立ち直る回復力を身につける (レジリエンス:Resilience)

先日、サーチ・インサイド・ユアセルフのプログラム参加者から、この2つ目のステップ 「エンビジョニング (未来予想)」 について、「アファメーション」の違いは何か、という質問を受けました。

以下、自分の理解を説明したいと思います。

まず、「エンビジョニング(未来予想)」は、自分が成功している将来、たとえば、5年後にすべての望みが叶ったら、自分がどうなっているかを、ありありと思い浮かべて、それを書き出すことです。

精神科医のレジーナ・パリーによると、私達の脳は、常に最も起こりやすい将来を予想しており、その予測に合わせて、見たいものを見たり、感じたり、行動したりしているそうです。

「エンビジョニング」の目的は、成功している未来をありありと思い浮かべることで、脳に成功した未来を信じさせて、成功に向けた行動を取らせることです。

具体的な方法としては、お正月とか、年度の始めなどの節目に、5年後の未来予想図を、日記に書いてみるとよいですね。

その一方で、「アファメーション」は、「自分自身に対する肯定的な宣言」のことです。

例えば、「私は、日々向上している」というアファメーションを作り、これを自分に対して、繰り返して唱えます。このアファメーションの内容は、現在形で、肯定的、個人的、具体的な内容が効果が高い、とされています。

2009年に行われた研究によると、現在形で記述されたアファメーションは、 高い自尊心を持つ人には効果があるが、自尊心が低い人はアファメーションの内容を信じられなくて、かえって有害なのだそうです。この場合は、未来形で書いた方がよいそうです。

エンビジョニングとアファメーションの違い、表にするとこんな感じです。

エンビジョニングアファメーション
意味自分の成功した未来を予想すること自分に対する肯定的な宣言
使い方時々、自分の成功した未来をありありと思い浮かべて、書き出すアファメーションの文を作って、自分に繰り返し唱える
目的成功のためのモチベーションを高める 成功のためのモチベーションを高める

両方ともモチベーションを高めるという目的は同じなので、併用することもできますね。エンビジョニングは、自分の夢を気が向いたときに書いていけばよいだけなので、より気楽に試してみることができると思います。


出典: 

コメント

タイトルとURLをコピーしました