リーダーシップ

leadersihpSIY

この記事では、Google で開発された人材育成プログラム SIY (サーチ・インサイド・ユアセルフ)で学ぶ、リーダーシップについて解説します。

リーダーシップとは何かを知りたい、リーダーシップを高めたいが、どうやったらいいかわからない、という方に有益な情報です。

リーダーシップとは

リーダーシップには、いろいろな定義の方法がありますが、ここでいうリーダーシップとは、「周りの人に自分の影響力を行使する能力」のことです。

この能力は、社長とかグループリーダーとか、リーダーの役職にある人にとってはもちろん重要な能力ですね。

ところが、「周りの人に自分の影響力を講師する能力」は、チームのメンバーにとっても重要な能力です。組織で仕事をしている人は、誰でも、他の人との関係で仕事をしているわけですから、上司や顧客を説得したり、同僚に何かを頼んだり、といった時に相手への影響力が必要なのです。

IQ よりも EQ が大切

皆さんの周りには、他の人を巻き込んだり、説得したり、協力させたり、といったことが上手な人、つまり、強いリーダーシップを持つ人がいるでしょうか?

頭のいい人、IQが高い人がリーダーシップに優れているとは限りませんね。

それよりも、自分の感情をコントロールできる人、相手の気持ちや立場を理解できる人のほうが、チーム内で強い影響力を持っているのではないでしょうか?

IQ の高さよりも、エモーショナル・インテリジェンス(EQ) が高い人の方が、高いリーダーシップを持っているのです。

生産性の高いチームづくりに必要なもの

グーグルが「生産性が高いのはどのようなチームか」という件で、社内で学術的な調査をしたことがあります。プロジェクト・アリストテレスといいます。

事前の予想では、生産性の高いチームには、優秀なリーダーがいたり、優れた能力を持った人が集まっていたりするのだろう、と思われたのですが、結果は驚くべきものでした。

生産性の高いチームは、「心理的な安全性」のあるチームでした。リーダーやメンバーの能力よりも「心理的な安全性」がより重要な要素だったのです。

「心理的な安全性」とは、次のようなことです。

  • チームメンバーが自分の成功や失敗を安心して共有できる。そのせいで馬鹿にされたり罰をうけたりする心配がない。
  • チームメンバーがリスクを取る行動を取れる。

「心理的安全性」があるチームでは「同調圧力」がないから、チームのメンバーがみんな能力を発揮できるのですね。逆に心理的安全性がまったくないチームのことを想像したら、いかに心理的安全性が生産性に影響を与えるかわかるでしょう。

チームの生産性を高めるためにリーダーの役割で重要なのは、自分の意思を押し通すことよりも、チーム内の心理的な安全性を高めることです。

強い意思を持った人が成功してリーダーになると

私達は、「強い意思をもったリーダーが、様々な困難を乗り越えて、批判的だったチームメンバーの尊敬を勝ち取り、最後に勝利を掴む」といった話が大好きで、映画やテレビドラマで良く見たりします。

ところが、現実の職場で生産性を高めていくために必要なリーダーは、プロジェクト・アリストテレスの結論から見ても、

「自分の意思を通すためにチームメンバーに指示を飛ばすリーダー」ではなく、

「チームメンバーが安心して能力を発揮できる環境を作るリーダー」です。

特にグーグルのような、型にはまらない創造的な仕事をする職場ではそうですね。職場によっては、リーダーの意思の強さ、計画性、明確なビジョン、経験などが必要とされることも多いでしょうが、「心理的な安全性」は、どの職場にとっても生産性の向上のために必要なものだと思います。

ところが、組織の中で厳しい競争を勝ち残ってチームのリーダーになるのは、大抵、自分の意思を押し通す、強い意思を持った人です。

このような強い意思を持った人は、必ずしも、「心理的な安全性」をチーム内で高めることが得意とはかぎりません。

では、どうやったら、心理的な安全性を高めるようなリーダーシップを身につけることができるでしょうか?

リーダーシップを鍛えるために

Google で開発された人材育成プログラム SIY (サーチ・インサイド・ユアセルフ)では、リーダーシップのために大切な次の2つのスキルを、実習を通じて学びます。

いずれも、チーム内の「心理的な安全性」を高めるために重要なスキルです。


Google で開発された人材育成プログラム SIY(サーチ・インサイドユアセルフ)は、

  • エモーショナル・インテリジェンスによる理論
  • 脳科学による裏付け
  • マインドフルネスによる実践

に基づいて、参加者のエモーショナル・インテリジェンスの5つの要素を育成します。

  • 自己認識
  • 自己管理
  • モチベーション
  • 共感力
  • リーダーシップ

これによって、個人レベル、および組織レベルのリーダーシップ・生産性・幸福を向上します。

SIY の企業での導入に関しては、まず、1時間程度の無料のパイロットプログラムをお試しください。詳細は下のリンクをご参照下さい。

SIY プログラムの企業導入

コメント

タイトルとURLをコピーしました