無料 MBSR(マインドフルネスストレス低減法)8週間コース 2022年4月6日開講

MBSR 8-week programMBSR

MBSR (マインドフルネスストレス低減法)は、アメリカのマサチューセッツ大学で開発されたマインドフルネスの実践プログラムです。このプログラムは、アメリカを始めとして、世界各国で実施されており、数多くの臨床研究でその効果が確認されています。

プログララムの参加者は、8週間をかけて、座る瞑想、ボディスキャン、ヨガなどの実践と、他の参加者との交流を通じて、マインドフルネスの実践方法を学びます。

「日常生活や仕事上のストレスを減らしたい」「満ち足りた人生を送りたい」「マインドフルネスの習慣を身に付けたい」と考えていらっしゃる方にご参加をお勧めします。



参加方法

下のリンクからお申し込みください。2022年2月21日申し込み開始です。

MBSR (マインドフルネスストレス低減法)プログラム 20220406
MBSR (マインド... powered by Peatix : More than a ticket.

日時

毎週開催される8回のクラスと全日クラスの両方に参加いただきます。

  • 第1-8週クラス:2022年4月6日から5月25日まで、毎週水曜日 20:00-22:30
  • 全日クラス:2022年5月15日(日曜日)8:45-16:30

料金

無料です。(講師による社会貢献活動です。)

会場

オンライン (Zoom) で開催します。

講師

しげき(MBSR認定講師、講師プロフィール

対象者

次のすべての条件を満たす方を対象とします。

  • プログラムの開始に先立って、オリエンテーションに参加すること。
  • 第1週から第8週および全日クラスのすべてに、オンライン (Zoom) で参加できること。
  • 各クラスに参加することに加えて、毎日合計1時間程度のマインドフルネスの実践を行うことができること。
  • 各クラスへの参加、およびマインドフルネスの実践のために、一人で静かに過ごせるスペースを確保できること。
  • 講師や他の参加者と日本語で会話できること。
  • プログラムへの参加中に自分や他者を傷つける言動を行わないこと。
  • プログラム中に知った個人情報などの秘密を漏らさないこと。
  • 18歳以上であること。

参加にあたってご用意いただくもの

  • 一人になれる静かな場所
  • Zoom でオンラインに参加するためのネットワーク環境と端末(パソコン、スマホなど)
  • 肌の露出が少なく動きやすい服装 (両手を上にあげてもお腹が出ないもの)
  • ヨガ実践のためのヨガマットや毛布、あるいは、カーペットや畳の床
  • 座る瞑想のための椅子(両足の足裏が床につくもの)あるいは、床に座るためのクッションや座蒲
  • お皿にのせた干しぶどう2粒 (クッキーや煮干しなどでもかまいません。第1週クラスでのみ使用します。)

最低開催人数

15人

  • 開催1週間前に参加見込み人数が15人に満たない場合は、お申し込みいただいた方には申し訳ありませんが、プログラムの開催をキャンセルし、プログラム開始前に参加者にその旨お知らせします。

オリエンテーションについて

  • プログラムへの参加をお申し込み頂いた方には、プログラムの開始に先立って、5-10分間のオリエンテーションにオンライン (Zoom) でご参加いただきます。オリエンテーションの日程は、お申込み後、電子メールでご連絡いたします。
  • オリエンテーションの目的は、ご参加の意図を確認し、ご質問にお答えすることです。参加者ごとに個別に開催します。
  • オリエンテーションにご参加いただく前に、以下のリンクの資料をご一読いただくようにお願いします。

オリエンテーション資料 「MBSRの概要、リスク、期待される効果についての説明」

これまでの参加者の評価

今回のプログラムを受講されて、いかがでしたか?

「全体的に見て、プログラムに満足した。」

全くそう思わないそう思わないどちらでもないそう思う強くそう思う合計
第1回 (2021/3-4)00021416
第2回 (2021/6-7)0007815
第3回 (2021/9-10)00021214

「今回学んだことを自分でも実践できると思う。」

全くそう思わないそう思わないどちらでもないそう思う強くそう思う合計
第1回 (2021/3-4)0025916
第2回 (2021/6-7)01111215
第3回 (2021/9-10)0025714

このプログラムを同僚に勧めてもいいと思いますか?

はいいいえ
第1回 (2021/3-4)160
第2回 (2021/6-7)150
第3回 (2021/9-10)140

講師は、プログラムの内容について、十分な知識をもっていましたか?

全くそう思わないそう思わないどちらでもないそう思う強くそう思う合計
第1回 (2021/3-4)00021416
第2回 (2021/6-7)00051015
第3回 (2021/9-10)00021214

講師は、参加者と効果的にコミュニケーションしていましたか?

全くそう思わないそう思わないどちらでもないそう思う強くそう思う合計
第1回 (2021/3-4)00041216
第2回 (2021/6-7)00041115
第3回 (2021/9-10)00011314

これまでの参加者の声

第3回 (2021/9-10)

今回のプログラムを受けて、自分にどのような変化がありましたか?

瞑想できるようになった。心に落ち着きが出た。
瞑想が習慣になってきたことを感じています。生活の中でもマインドフルな瞬間を感じられることが増えてきて、幸福感のレベルが上っていることを感じます。
未来の不安で頭がいっぱいになる時間が減った
物事を見る視点が広くなりました。
小さな幸せにたくさん気付けるようになって、心穏やかになりました。
出来事に対して間接的に見える事が出来始めた
自分の感情に気が付くようになった
自分がいかに囚われているかに気付きました。自分を苦しい気持ちにしているのは自分。客観的に俯瞰してみて、過去の負の感情にとラわれている自分に気付き、常に{今はどうした!」と自分に問いかけることができるようになりました。
思考や感情に振り回されることが少なくなり、意識的に生きられるようになった。また、自然や食物への感謝の気持ちがわいてきました。
環境にゆるがない自分に少しずつ近づいている気がします。
感情に飲み込まれることが減り、少し俯瞰的に物事が見れるようになった。
何かあったときも動揺しすぎず呼吸に意識を向けることで気持ちを落ち着かせることができるようになった。
以前よりも、気づく力が身についた。心が穏やかになり、人の話を心を込めて聴けるようになった。
「受け入れる」ことを学ぶようになりました。今まではストレスを感じた時、あるいは自分自身の中に考えが浮かんだ時、それを変えようとしたり、あるいはなかったことにしようとしたりすることが多くて、それがまたストレスにもなっていました。この8週間の中で、少しずつ「受け入れる」ことができて、変えようとせずにただ「観察する」ことができるようになってきて、安らいだ心の状態が増えました。

今回のプログラムを受けて、もっとも良かったことは何ですか?

瞑想の習慣化ができたこと
無意識に不適切な反応をしてしまっていたことに気付きました。いつも選択できるとは限りませんが、マインドフルネスを自分の意志で選んで実践していきたいと思いました。
複数の有益なテクニックを学ぶことが出来たことと、瞑想を習慣づけるきっかけが得られたことです。
実体験で良い影響をいただきました。それを言葉にするのは難しいのですが。瞑想して心が、落ち着くようになったこと。
自分の中で変化がありました。自分をもっと知ることができました。
自分の心の気づきを見つけれた
自分がいかにストレスがかかった時に不適切な対応をしているかを知ることが出来た
今を味わうことができるようになったことです。今までは、考えや感情で頭がいっぱいになって、周りにある素敵なものに目を向けられていなかったと思います。今回のプログラムを通して、自分自身と考えや感情に距離を置くようになり、そこから今ここにある確かなもの、素敵な人達、素敵な風景、美味しいご飯をただ味わうことができて、嬉しい気持ちが増えるようになりました。問題は何一つ変わっていないけれど、それでも自分自身が今幸せだ、と思えるようになったことがもっと良かったと思います。
今を感じれるようになった。
呼吸という、いつでも立ち返えり落ち着くことができる場所が自分の中にあることに気づけたこと。
以前一度MBSRのプログラムを受けたときに、いやなことの記録をつける週が非常につらかったということがありました。しかし、今回はそういうことがなく、感情が安定しており、よりプログラムに集中できたと思います。
マインドフルネス瞑想の習慣ができたこと、今後この瞑想をストレスの対処法や自分の内側を見ることに役立てていけることです。
マインドフルネスを励むモチベーションを保てた事。
1日瞑想会に参加できた事。とても感激しました

講師の強みは何ですか?

優しくでもきっぱりと参加者を導いてくれる
豊富な知識と、常に穏やかに様々な質問に答えて下さるところ
声が非常に癒されます。
人柄とマインドフルリスニング力。分かりやすい説明。
常に冷静に淡々とプログラムを進めることができる。必要な場合は、ご自身の場合はこうだったとオープンにして下さる。
質問に対して、自分の意見を述べていて、それが教えや強制するものでないこと
自分の経験を的確に、相手の心に届くようにきちんとつたえられるところ
参加者と同じ目線で話してくれる。音声ガイダンスが良い
気軽に聞ける事
企画、構成力。それをリーダーシップを発揮して実行していく力。
安定感があり受講者が安らげる空間を提供してくださったので、私にとってはこの空間に参加すること自体が意義のあることでした。このまま継続できるコースがあったら参加したいと思っているくらいです。ありがとうございました。
どんな質問や悩みにも答えてくださり、ご自身の経験を通して語っていただいたところに
信頼を感じました。
どんな時も楽しさとチャーミングな笑顔を忘れないこと。人を笑顔にしてくれる素敵な方だと思いました。
ご自身の経験から語られる主張に説得力がある所。

講師が課題を残している部分はどのようなところですか?

良く分かりません
特に思い当たらない
特に感じませんでした。
特になし
特にないと思います。僕にとってはベストな先生でした。
特にありません
全体のプログラムの説明が最初に欲しかったなと思った
何も感じませんでした。
医学的データや、研究論文などで説得する所がもう少しあると、良いと感じました。
もう少し雑談の時間があっても良いかもしれません。
あんまり無いですね。このままで充分かと。

プログラムで改善するべきことがあれば、お知らせください。

全日コースの時間が、身体的に最後の2時間限界が来て休憩していました。もう少し短いと個人的には助かります。
初めての参加ですが、ボランティアでして頂いて感謝しか有りません。
最初、他の参加者と打ち解けるのに時間がかかった。
強いてあげるなら、話し足りない、ということでしょうか。参加者の皆様とのシェアがとても楽しい時間だったので、もっと話したかったなと思います。
改善というより要望ですが、プログラム修了者のための瞑想会や意見交換会の実施。
何も感じませんでした。
もう少し講義のようなものがあると良かったです。
ブレイクアウトルームでのシェアの時、接続にタイムラグがあり、時間がとても短くなってしまうことがあるので、もう少し余裕を持った時間設定にしてほしいと思いました。例えば「3分」ずつ話すときなら、ルームの設定を4分か5分にする、など。
しいて言えば、同じ方と話す機会が多かったので、ペアやグループの組み合わせを変えてもらえると良かったです。
クラス開催前の事前説明について詳しく書かれていると安心できると感じました。
2時間半ではなく短時間でやれるプログラムがあればいいと思った

第2回 (2021/6-7)

今回のプログラムを受けて、自分にどのような変化がありましたか?

落ち着く時間を確保できるようになった。
不安や気持ちをコントロールするには呼吸に意識を向けるというとてもシンプルなものだとわかった。
不安に巻き込まれている時間が少なくなった
相変わらずボディスキャンは苦手ですが、いつの間にか意識が他に離れていること気づきやすくなりました。イライラや怒りは湧きますが、そればかりに囚われ続けなくなりました。
人の目を気にするのではなく、心から意見を言えるようになった
自分が自分でいられる感覚
心を鎮めやすくなった
一瞬一瞬を大切に味わう時間が増えている
幸せを感じる時が多くなっている
頭が前より明晰になった感じがする
身体の感覚に以前より敏感になりました
自分を客観的に見られるようになった。自分の心の声が聴けるようになった。
自分の感情を客観視出来る場合が多くなり、直ぐに発火点を迎えて怒ることがなくなった
自分がいろんなことを考えすぎていたことに気づけ、考えのリセットや感情を切り替えるということがしやすくなりました。
今まで無意識にやり過ごしていた不安やイライラといった負の感情に気づき、客観的に向き合えるようになった。今という瞬間に目を向けることで五感で物事を感じたり、身体の調子の細かい変化にも気づけるようになった。
以前は、自分のありのままの感情をタイムリーに感じることが苦手で、何かとストレスを抱えることが多かったのですが、瞑想で今の思考や感情に気付き観察を続けることで、普段の生活でも、タイムリーに感情を気付けるようになったような気がします。
マインドフルネスを意識することができるようになった
しんどくても瞑想をしたらその後スッキリするということがよくわかった。ストレス解消の良い方法を習得できた。
ここぞというときの集中力が高まった。感情が騒がしいとき、瞑想すれば落ち着くという安心感を得ることができた。
・人と話す際の恐怖感が消えて、リラックスして話せるようになった。
今までは相手が何を考えているんだろう、相手が満足を得られるようにと話すときに相手のことを考えて、考えると話すのが嫌になってしまって、さらに早口になっていた。
マインドフルリスニングを行った時、集中して何も考えずにきいた。相手がそう聞いてくれると思うと、自分も安心して話せてゆっくり話せた。普段の生活でもそう思えてあまり緊張せず話せるようになった。

・マインドフルイーティングを通してこんなに自分が食べることに幸せを感じられるんだと思った。辛い辛い、と思っていても物を食べる時はこんなに幸せになれるんだ、こんな些細なことでも幸せなんだと実感できた。

今回のプログラムを受けて、もっとも良かったことは何ですか?

仲間と一緒に実践できたこと
仲間と一緒8週間実践できたこと
多数の前(特にZOOM)で自分の意見を発言することは苦手なのでブレイクアウトルームはとても良かったです。
自分自身の頭の中が思考で渋滞になっていることにその都度気づくことができるようになったこと。
自分一人では本を見てやっても曖昧だし、
何より、しげきさんやみんなで同じ時間を共有できたのが良かったです。
今に意識を集中することで、落ち着いて過ごす時間が増えました。世界の感じ方が以前よりも少しだけ豊かになった気がします。
講師のみならず、参加者の皆さんから様々な気づきを得られました。思考の柔軟性が増したと感じます。
何かしらの外部要因によって振り回されると感じることが少し減ったように感じる。
冷静になって立ち止まることができた。
参加者と頻繁に意見交換を行えたことも多くの気づきにつながったので良かった。
マインドフルネス瞑想の習慣がついた
マインドフルネスの実践を身に着けることができたこと。
この瞬間瞬間を生きるためのツールとして瞑想が必要だということを強く感じたこと
8週間瞑想を行えたこと。1日瞑想というとっても自分にとって贅沢なことが行えたこと。
瞑想がすごく自分に効きそうだと思っても、わざわざその時間を取ろうとなかなか思えなかった。このプログラムでその時間を強制的に作ってもらうことで、自分のために時間ができてとてもよかった。
8週間プログラムを続けることができたこと
8週間のプログラムをどうにかこうにかやり遂げられたこと
1週間に一度メンバーの顔を見ると、一緒に走っている仲間意識が出来てそれに乗っかって続けられたこと

講師の強みは何ですか?

理論的な説明
実践から出てくる言葉
優しさと話しの的確さ
目的を的確に伝え、わかりやすく説明していただきました。講師自身の体験、失敗などもシェアしていただき、参加者に安心感を与えていたと感じます。
長年実践されていること。瞑想を実践することで変化があった体験
知識と実践力
常に肯定的な態度で一人一人と向き合ってくださったこと。
柔軟であること。オープンマインドであること。穏やかな語り口であること。年齢が若すぎないこと。
十数年の経験者であるため、いろいろな瞑想に対する相談をできること。
社会貢献ということで無料で素晴らしい時間を作ってくれたこたで参加者はもちろん、
講師の方の人間性、信頼も上がっていくと思います。機会がありましたら、
リトリートなど集まってやる講座をひらいて欲しいです。
決して何かを否定したり強要したりしないこと。献身的な姿勢。物腰の柔らかさ。
安心感のある雰囲気。質問に分かりやすく答えてくださる。
どんなことでも受容してくれる寛大さがあるところ。
ご自身の実践という経験に基づく知識と場の雰囲気をうまく作ること
インターネットの知識 

講師が課題を残している部分はどのようなところですか?

内容としてはとくにありません。ペアにならずお話しできなかった参加者の方もいたので、設定が難しいとは思いますが、より多くの方と体験をシェアする機会があればさらに良かったと思います。
特に思い当たりません。
特に感じませんでした
特になし
特にありません。
人が良すぎて、大丈夫かなと感じたこと。
課題と感じることは無かった。
プログラムの最初の方で、ボディスキャンで寝てしまう、うまくできていないと感じている参加者が多いことが当たり前というあたたかい態度がよりあるといいかなと感じました

プログラムで改善するべきことがあれば、お知らせください。

有料でも構わないので、この参加者向けにフォローアップの瞑想会が今後行われるといいなと思う。
低減法で一般的な長さだと分かっているのですが、8週間があっという間に終わってしまって、まだ受けたいという気持ちがあります。
全日クラスは体力的にきつかったです。
全日クラスの目的を予め知っておきたかったような気がします。よくわからないまま終わってしまって、少しモヤモヤしました。後でこうだったのかな?と思うところはありましたし、そう自分で気がつくことが大切なのかも知れないなとも思いますが。
改善点も特段無いと思っています。学びの多いプラグラムでした。
改善ではないですが、ぜひこのメンバーでフォローアップをお願いしたいです!最初は8週間も乗り切れるか不安でしたが、気づけば毎週水曜日のこの時間が、良い学びと癒しの時間になっていました。ありがとうございました。
ヨガの姿勢などは、講師のやり方を見て実践できたらいいと思いました
とくにありません。課題なども明確に指示があり、わかりやすかったです。
できれば、すべての人とお話ししたかったかなと。組み合わせが難しいと思いますが。それとも話せたのかな。。。
8週間やりきった達成感があるので、もう少し長いプログラムがあると嬉しい

第1回 (2021/3-4)

今回のプログラムを受けて、自分にどのような変化がありましたか?

瞑想はまだうまくできませんが、難しいものと感じなくなりました。自分のための時間を取ることに抵抗を感じにくくなりました。
悩み事をぐるぐると考えてしまう癖がありましたが、マインドフルネス瞑想を始めたことで意図的にその思考から離れる術を学べました。以前よりも反芻し考え込むことが減りました。
朝早く起きてでも時間を作らないと、瞑想する時間を自分が取らないと分かったので、15分だけでも早起きしようと思っていること。
人の話を集中して聞ける時間が長くなった。
今、周りで起こっていることや自分に起こっていること(感情や思考)に気づくことができるようになってきた。
自分自身のできない部分を理解して、それを受け入れることができた。以前は、できないことを認めることができず、絶対勝てる領域にしか入らなかった。
自分自身に、関心が向くようになった。感情に巻き込まれた時も、一歩引いて、巻き込まれた自分を観察できるようになった。
自分を俯瞰的に見れるようになった。
生活が効率的になった。
人生の目的、自分がどう生きたいかを考えるようになった。しげきさんの社会奉仕の精神に触れ、私も、今行っているボランティア活動(目の不自由な方のための録音図書作成、デイジー作成に力を入れようとあらためて思いました。
しげきさん、ありがとうございました。
自分を見つめ直す習慣ができた。思考が行ったり来たり、湧き出してくることを受け入れるようになった。
自分に優しい言葉をかけたり、身体の変化を意識するようになった。
今、ここで起こっていることを感じる時間が増えた。
今まではほとんどなかったので、時間ができた、の方がしっくりくる表現かもしれません。
マインドフルネスを通じて人はよりよく変われるのだと実感しました。
マインドフルネスに対して、体と心を平穏にしたいという結果だけを求めるという事ではなく、結果そうなるような生き方が出来ているか(自分に起こる様々な心や体の反応が、そのような生き方に向いているのかどうかを確かめる指標として)に気づきをもって生きていきたいと思いました。
ストレスへの耐性が高まった
8週間前と比べて物事がとても客観的にみられるようになりました。周囲の知人・友人・家族との付き合い方が、私が感情に流されずマインドフルに話を聞くようになったこと変化したように思います。またネガティブな思考の時は日記に書くなどして、その状態を理解して受け入れることにより、荒れた気持ちの時にヤケにならずに、「その状態がきた」と受け入れることで自分をコントロールできるようになりました。食事面でもマインドフルに取ることで、少しダイエットになった気がします。全体的に心身ともにとても良かったと思っています。

今回のプログラムを受けて、もっとも良かったことは何ですか?

瞑想の事を知りませんでしたが、しげき先生に温かい場を作って頂き、瞑想の楽しさをしり、とても安心して楽しむことができました。
人間関係の改善。
自分への気づき。
自分に関心を持つ時間を定期的に持てたこと
時間と曜日が決まっていること。参加者同士の対話。
一人だと続けられないので、感想や気づきを他の方とシェアできるのが楽しくて、続けることができた。
マインドフル瞑想の方法を先生やグループメンバーと学べたこと
マインドフルリスニングを実施することで、今まで自分がいかに人の話を聴いていなかったのか気づき、相手もこんなに一生懸命伝えようとしていたのだなと思って反省しました。コミュニケーションの基本を教えてもらい、人とのつながりを感じられるコミュニケーション方法を教えてもらうことができました。
マインドフルネス瞑想をすることで、悩みがひきづらなくなった。
マインドフルに日々の生活を行うことによって、より幸せを感じられるようになりました。
ストレスのメカニズムを理解できた。色々なことが浮かんでくること自体にストレスを感じるのではなく、そんな自分を許容し、自分自身に対して優しくするということが一番の気づきでした。
しげき先生に出会えたこと。仕事=業務のみの生活から、水曜日の8時になると知らない人の心の内が聞けたこと。
しげきさんのファシリテートが素晴らしかったこと。一緒に学ぶ仲間が変化していく姿を見ることができたこと。
MSCを受講した時よりもボディースキャンなど時間をかけて学ぶことが出来、MSCの時はよく分からないと思っていましたが、意図的に身体を観察することがどんな感覚なのか少し理解でき、苦手意識も減りました。
MBSRの知識や技術だけでなく、しげき先生の経験をシェアしていただいた事、様々な方とマインドフルネスで感じたことをリアルタイムに共有できた事です。

講師の強みは何ですか?

話しやすさ
落ち着いている、安全な場所を提供してくれる
様々な瞑想のやり方をお教え頂き、MBSRではなくてもさまざまな知識からのアドバイスを頂き、知識の深さを感じました。また、受講生の方々の意見を尊重して受け止めて下さる温かさを感じました。
明るいところ。上から知識を押し付けるのでなく、学び合う姿勢。
豊富な知識と経験があること。適切な場面で自己開示をしてくださるところ。たとえがわかりやすく、イメージしやすいところ。
男性として冷静な感じで理論的にマインドフルネスを伝えていること。男女差はあると思いました。男性には男性の、女性には女性の良さがありますが、私は男性から学ぶのが楽しいです。
真摯な姿勢
自分も苦手意識をもっていました等共感や弱みを見せた上で対処法を教示してくださるところ。
事前の説明よりも、実際に体験することを重視される姿勢に好感を持ちました。また、実際に体験した後は情報を先に入れるよりも体験を優先した方が良かったのだと思いました。
客観的な主張が多く、断定的な主張は少ない。信頼できる。
マインドフルリスニング力。社会人としての経験をお持ちで、それをもっと聞きたかった。社会・会社での立ち回り方や、しげき先生の経験を通した話。
マインドフルである事。受講する人が常にリラックスできる心遣いとお人柄を感じています。
オンライン上からでも感じることができる信頼感や安心感
オンラインでの指導力

講師が課題を残している部分はどのようなところですか?

特に浮かびません。
(足りないことを尋ねるときに、この質問の仕方はいいなぁ、と思いました。)
特に思い当たりません。
特に思いつきません、すばらしい導きでした。
無理やり絞りだすとしたら、動きのあるヨガなどの時に音声が少し乱れることぐらいでしょうか。
特に感じませんでした。
特になし
特にありません。課題はむしろ私の方で、これから瞑想を日々実践する中で、瞑想の体験などの共有の場がないと一人では難しいと感じるような気がします。
特にありません。
子育てや家事などの、女性特有?というか、女性ならではの悩みが参加者から出にくかったのがあるので、それをしげきさんご自身の体験談を入れることで参加者からのコメントを引き出し、全体の共感性をあげることがさらに充実したプログラムへ変化していくヒントになるかもしれません。
家族がいない人や職のない人もいるかもしれないので、エピソードを一般化されたほうがモヤッとする人がいないかとも思いました。でも一般化しすぎるとなんの話かわからなくなるので、難しい塩梅ですね。
もっと多くの人に効果的に伝えてほしい!
マインドフルネスと心理学との関連
ありません。

プログラムで改善するべきことがあれば、お知らせください。

良いと思います。
特に思い浮かばないです。とてもよかったです。特に、時間が私にはピッタリで、ありがたかったです。
特になし
途中の休憩時間を少し増やして欲しい。
全くありません。本当に楽しかったです!この充実した内容をさらに無料で提供をして頂き本当に感謝しています。
説明部分などにパワーポイントなどがあるとより概念を把握しやすいと思います。
私の場合は、19時半頃から食事をしていたので、開始直後にヨガをするとか先に聞いて置けば、夕飯の配分を考えておけた。
参加者の中で、「私はすでに瞑想の先生です」と言われる方がいて、シェアをしているときに個人的なアドバイスや「私も前はそうだったけど、こうしたらいいよ」というようなことを言われたことがあり、やや不快でした。同じメンバーというより、上から見られているような気持ちがして、違和感でした。それをお伝えする手段が見つからなかったのでしんどかったです。
最終日に十分な振り返りの時間があり、良かったです。
途中、ボディースキャンは何を目的にやるのかというような質問があった際にそれは皆さんで考えてほしいというような曖昧な答えで少しモヤモヤしました。
ぼくには思いつきません、すばらしい体験でした。
この後も毎週参加したいと思うぐらいよい経験をさせていただきました。
ありがとうございます!!
プログラムのはじめに、分からないことは質問していいですよ(プロボノ活動のひとつであるので、できる範囲でお答えします)^ ^って、ひとこと話してもらえたら、わたしは気持ちが楽に感じただろうなと思いました。
プレイクアウトルームに分かれる時に、全員の方と話せたら、もっと良かったかなと思いました。
ある程度参加者のバックグラウンドや属性がわかった方が話を聞きやすいように思いました。例えばストレスと一言で言われてもそれが何のストレスなのかわからないでは、理解しづらいしマインドフルに聴き続けるのが難しかったです
MBSRで時間が決まっているのかもしれませんが、もし、プログラムの時間が長くできるのであれば、シェアの時間がもう少しあればなお良いのではないかと思いました。
この記事を書いた人
しげき

1963年生まれ。大阪市出身。京都大学法学部卒。KDDIやマイクロソフトなど、30年以上、IT業界で営業・マーケティングを担当した。
2007年からマインドフルネス瞑想を継続して実践する。
2018年にセミリタイアし、マインドフルネスの講師となる。MBSR 認定講師。

マインドフルネス・イニシアティブをフォローする
MBSRお知らせ
このページをシェアする
マインドフルに生きていこう

コメント

タイトルとURLをコピーしました