マインドフルリスニング

mindful-listening

マインドフルリスニングは、マインドフルネスを活用して家庭や職場の人間関係を改善するとても簡単な方法です。ここでは、マインドフルリスニングの意味や、効果、方法について、説明します。

マインドフルリスニングとは

マインドフルリスニングは、マインドフルに相手の話していることを聴く、ということです。「マインドフル」とは、「マインドフルネス」と意味が同じで、「今、ここ」に意識を向けているということです。

つまり、マインドフルリスニングは、今、相手がここで話していることのみに注意を向けるということを意味します。それ以外のこと、たと えば、過去や将来のこと、自分自身やその他、話している人以外のことには、注意を向けません。

all-ears

私たちは、普通、人の話を聞いているときに、その話を聞きながらいろいろなことを考えています。たとえば、 こんな感じです。

  • 「自分はこの説に賛成できないな」
  • 「この話は、最後、どんな結論になるのかな」
  • 「この話が終わったら、自分は何と答えようか」

話の内容とは全く別のことを考えていることもあります。たとえば、

  • 「この後、どんな予定だったかな」
  • 「昨日のあの件は、今思い出しても腹が立つ」
  • 「今頃、あの人は何をしているかな」

daydreaming

マインドフルリスニングでは、このようなことは考えずに、今、相手が話している内容にすべての注意を向けます。

マインドフルリスニングの効果

自分の注意のすべてを、相手が話していることに向けることによって、話の内容だけでなくて、相手の気持ちや意図、置かれた環境など、様々なことが伝わってきます。それにより深く相手のことを理解できるようになり、相手に対する共感が呼び起されます。

こちらが相手の話に注意を向けているということは、相手にすぐに伝わります。

相手は、自分の話を、価値判断を加えることなく、ありのままに聞いてくれたことで、とてもうれしい気持ちになって、心が落ち着くことでしょう。誰かに話を聞いてもらいたいという欲求が満たされたことに、感謝の気持ちを抱くかもしれません。

このように、マインドフルリスニングをするだけで、大抵の場合、その相手との関係は改善します。必ずしも、こちらから自分のことを話したり、何かを約束する必要はありません。

人間関係が良好な人は、意識的に、あるいは無意識に、マインドフルリスニングを実践しています。

マインドフルリスニングができない人、つまり、いつも「うわの空」で人の話を聞いている人にとって、良好な人間関係を作ることは簡単なことではありません。

マインドフルリスニングのやり方

マインドフルネスストレス低減法の8週間のコースでは、しばしば、マインドフルリスニングの練習をします。基本的なやり方は、次のとおりです。

  1. 2人ずつ、あるいは3人ずつ組になります。
  2. 話をする人と話を聞く人を決めます。
  3. 話をする人は、2分間で最近あったこと、気になることを話します。
  4. 話を聞く人は、その間、口をさしはさまず、話を聞くことに集中します。
  5. 話を聞く人は、話が終わった後、聞いたことを話をした人に伝えます。
  6. 話をした人は、内容があっているか、確認します。
  7. 役割りを入れ替えて、同じ練習をします。

conversation

この単純な練習から、私はとても多くのことを学びました。たとえば、次のようなことです。

  • 人の話に注意を向け続けるのは、難しい。自分はどう判断するか、何かアドバイスがあるか、過去に同じようなことがあったか、などを考え出して、注意が途切れそうになる。
  • 人の話を聞くのはつまらないことだと(私は)考え勝ちだが、真剣に聞いてみると、ユニークで面白いことが多い。
  • 初対面の人と話していても、話を真剣に聞いているだけで、あるいは聞いてもらっているだけで、共感を覚える。
  • 相手が自分の話を真剣に聞いているか、そうでないかは、すぐにわかる。
  • 自分の話を真剣に聞いてもらえると、とても救われた気持ちになる。

この体験をするだけでも、8週間のマインドフルネスストレス低減法のコースに参加する価値はあると思います。

親しい人にお願いして、上の練習をしてみてもいいでしょう。

日常生活でひそかに練習することもできます。家族や同僚、上司、部下などを相手に試してみましょう。なんのリスクもなく、コストもかけずに、人間関係を改善することができます。

日常生活でのマインドフルリスニングのコツは、次のとおりです。

  • 相手が話をしているときに、話の内容を理解することにすべての注意を向ける。そうすれば、おのずと聞き手の真剣さが話し手に伝わる。
  • 相槌を打ったり、相手の目を時々見たりということを意識する必要はない。真剣に話を聞こうとすると自然とそうなる。
  • 自分の意見や価値判断は、相手の話を完全に理解するまで脇にのけておく。

まとめ

マインドフルリスニングは、マインドフルネスを活用した人間関係の改善のための方法です。

効率よく、マインドフルネスリスニングやマインドフルネスを学ぶためには、マインドフルネスストレス低減法の8週間のコースに参加されることをお勧めします。