マインドフルネス4週間オンラインコース 第3週クラス

さまよう心について

ボディスキャンの練習で、いつの間にか、別のことを考えてしまっていて、ガイダンスを聞いていなかった、という経験をされたかもしれません。

人の心は、何かに集中していても、いつの間にか、さまよい出して、別のことを考えるようにできています。このことは、全く問題ではありません。

大切なのは、マインドフルネスの練習をしている時に、心が「今、ここ」からさまよい出したことに気が付いて、「今、ここ」に戻してくることができるかどうか、ということです。

もう一つ大切なことは、心がさまよい出したことに気付いた時、自分の心に対して、やさしい気持ちと好奇心を持って接するということです。たとえば、こんな感じです。

「ああ、私の心はいつの間にか、あの事を思い出していたんだね。でも、今は、マインドフルネスの練習中なので、観察に戻ろう。」

「おっと。私の心は、いつの間にか、明日のことを心配していたんだね。でも今はマインドフルネスの練習中なので、観察に戻ろう。」

自分の心を責めたりすると、そこからまた、ネガティブな思考の連鎖が始まってしまいます。自分を責めたいという気持ちが起こってきたら、そちらの気持ちの方を観察しましょう。

「あらら。瞑想がうまくいかないことで自分の心を責めたいという気持ちが起きているね。でも、今はマインドフルネスの練習中なので、観察に戻ろう。」

タイトルとURLをコピーしました