「プロジェクト・アリストテレス」 生産性の高いチームとは?

SIY

この記事では、Google で開発された人材開発プログラム SIY (サーチ・インサイド・ユアセルフ)で紹介される「プロジェクト・アリストテレス (Project Aristotle)」について、解説します。

「プロジェクト・アリストテレス」とは何か、生産性の高いチームの条件は何か、といった疑問にお答えします。

「プロジェクト・アリストテレス」とは、2012年にGoogleが社内で行った調査のことを指します。

この社内調査で、Google は、どのようなチームの生産性が高いのかを、 社内の180 のチームを対象に調べました。

その結果、「どのようなリーダーやメンバーがチームにいるのか」ということよりも、「どのようにチームメンバーが協力しているか」ということが生産性に大きくかかわっていることがわかりました。

特に、そのチームに「心理的安全性」があるかどうかが、チームの生産性にとって、もっとも重要な要素だった、とのことです。

「心理的安全性」というのは、あまり聞きなれない言葉ですが、チームのメンバーがチーム内で何か発言しても、ばかにされたり、叱られたりする心配がないということです。

「心理的安全性」が高いチームは、ばかにされたり、叱られたりする心配がないので、

  • 自分の失敗や成功について、口をつぐむのではなくて、他のチームメンバーと共有しやすくなります。
  • 他のメンバーが失敗しそうな時や、成功の機会を見過ごしそうな時、躊躇なく指摘してあげることができます。
  • 個々のメンバーは、失敗を恐れず、リスクを取る行動がとれます。

このようなチームの文化がチームの生産性を向上させるのです。

applause

逆に、「心理的安全性」がないチームでは、チームのメンバーは叱られたりバカにされたりするのが嫌なので、自分の成功や失敗を隠したり、他のメンバーに助言するのをためらったり、リスクを取ることを避けたり、という行動をとるようになります。これでは、優秀な人がいたとしても、チームの生産性は落ちてしまいますね。

同調圧力が強い組織も心理的安全性が低そうですね。

プロジェクト・アリストテレス」についての詳細は、下のGoogleによる日本語のウェブページをご参照ください。

「効果的なチームとは何か」を知る

Google が開発した社員育成プログラム SIY では、共感力がビジネスでも大切な理由として、このプロジェクト・アリストテレスと心理的安全性を紹介します。

共感力を持つ人がチームの中にいると、そのチームの「心理的な安全性」が高まり、その結果、チームの生産性が向上します。

組織の生産性を上げ、利益を増やす、というビジネス上の観点からも、社員の共感力を高めることは重要ですね。


Google で開発された人材育成プログラム SIY(サーチ・インサイドユアセルフ)は、

  • エモーショナル・インテリジェンスによる理論
  • 脳科学による裏付け
  • マインドフルネスによる実践

に基づいて、参加者のエモーショナル・インテリジェンスの5つの要素を育成します。

  • 自己認識
  • 自己管理
  • モチベーション
  • 共感力
  • リーダーシップ

これによって、個人レベル、および組織レベルのリーダーシップ・生産性・幸福を向上します。

SIY の企業での導入に関しては、まず、1時間程度の無料のパイロットプログラムをお試しください。詳細は下のリンクをご参照下さい。

SIY プログラムの企業導入

コメント

タイトルとURLをコピーしました