失敗から立ち直る回復力を身につける

resilienceモチベーション

この記事は、SIY で学ぶモチベーションの回復の方法について、解説します。

モチベーションで回復力が大切なわけ

Google で開発された人材開発プログラム SIY (サーチ・インサイド・ユアセルフ)では、モチベーションを自分で作り出して持続していく方法として、次の3つのステップを推奨しています。

  1. 仕事と自分の価値観を一致させる
  2. 自分が成功している未来をありありと思い浮かべる
  3. 失敗から立ち直る回復力を身につける

この最後のステップ「失敗から立ち直る回復力を身につける」は、モチベーションの観点から最も重要だと思います。

自分の経験から言うと、モチベーションが問題になるのは、失敗したり仕事が評価されなかったりして、モチベーションが低くなってしまったときです。

モチベーションが下がると仕事の効率は落ちるし、幸せになれません。そのことでさらにモチベーションが下がるという悪循環を起こす恐れがあります。

失敗から立ち直るためには、どうすればよいでしょうか?

心を落ち着ける

大きな失敗をしてしまったときは、パニックを起こして、心の落ち着きを失い、注意が散漫になって、さらに失敗を重ねてしてしまいそうになります。

失敗してしまったときは、まず、心を落ち着けましょう。

マインドフルネスの実践を続けていると、パニックになりそうになったら、すぐ呼吸を観察して心を落ち着けることができるでしょう。

あるいは、心が落ち着くまで、別のことに注意を向けてみるといいと思います。例えば、次のような対処方法がいいでしょう。

  • 数を数える(100から13ずつ引いていく)
  • お茶をいれる
  • 散歩する

自分の感情を観察する

心が落ち着いてきたら、次に、自分の「失敗した」という感情を観察してみましょう。

何か事件が起きて、それが「成功した」とか、「失敗した」とか思うのは、感情的な体験です。

自分の感情を客観的に観察することで、

「私は失敗した」というモードから、

「私は失敗した、という感情を経験している」というモードに

移行することができます。

このように自分の感情を客観的に観察することにより、その感情に振り回されることを防ぎます。

自分の感情を観察するために、マインドフルネスの実践を取り入れてみるといいでしょう。

下のリンクもご参照ください。

楽観性を身につける

「人が失敗したときに、自分自身に対してその失敗をどのように説明するか」

このことを、マーティン・セリグマン博士は「説明スタイル」と呼びました。説明スタイルには2つのタイプがあるそうです。1)「オプティミストはなぜ成功するか 」マーティン・セリグマン

説明スタイルの2つのタイプ

  • 悲観的な説明スタイル
    • 失敗を自分のせいにする
    • 失敗はずっと続くと考える
    • 別の分野でも失敗すると考える
  • 楽観的な説明スタイル
    • 失敗を自分のせいにしない
    • 失敗がまた起こるとは限らないと考える
    • 別の分野でも失敗するとは限らないと考える

楽観的な説明スタイルを持っている人は、失敗しても立ち直りが早いそうです。その一方で、悲観的な説明スタイルを持つ人は、失敗からの立ち直りに時間がかかります。

悲観的な説明スタイルが悪いというわけではありません。でも、失敗して落ち込んでいるときには、楽観的な説明スタイルを意識して取り入れてみるといいでしょう。

マーティン・セリグマン博士は、楽観的な説明スタイルを身につける方法として、困った状況について、自分がどのように感じているのか、それにどのように反論できるかといったことを紙に書いてみる、という方法 (ABCDE モデル) を推奨されています。詳細は下のリンクをご参照ください。

自分の気持ちを日記に書いてみる(ジャーナリング)ということだけでも、失敗から回復する効果が期待できます。

「20分間、自分の気持ちを書く」ということを5日間やっただけで、失業者が仕事を見つける確率が大きく上がった、という実験もあります。

モチベーションを自分で管理するには、日記をつけて、自分の人生の意味や目標、気持ちなどを書いていく、という方法が良いと思います。具体的なやり方は、下のリンクをご参照ください。

まとめ

モチベーションが落ちてしまった時に、自分で回復する能力は、モチベーションのスキルの中でも最も重要なものです。

モチベーションの回復力を身につけるには、SIY (サーチ・インサイド・ユアセルフ) への参加をお勧めします。


Google で開発された人材育成プログラム SIY(サーチ・インサイドユアセルフ)は、

  • エモーショナル・インテリジェンスによる理論
  • 脳科学による裏付け
  • マインドフルネスによる実践

に基づいて、

  • 社員のモチベーション
  • 社員の共感力
  • 社員のリーダーシップ

を育成します。

SIY の企業での導入に関しては、まず、1時間程度の無料のパイロットプログラムをお試しください。詳細は下のリンクをご参照下さい。

SIY プログラムの企業導入

出典   [ + ]

コメント

タイトルとURLをコピーしました