怒り感じた時に衝動的に行動しないと、気持ちが収まらなくて、かえってストレスがたまります。そのような時はどうすればよいですか?

Anger自己管理

Google で開発された社員育成プログラム SIY (サーチ・インサイド・ユアセルフ)では、怒りへの対処の方法として、SBNRR (Stop, Breathe, Notice, Reflect and Respond) を学びます。 詳しくは、「怒りへの対処」の記事をご参照ください。

先日、SIY のコースで、次のような質問を受けました。

「そうは言っても、怒り感じた時に衝動的に行動しないと、気持ちが収まらなくて、かえってストレスがたまります。そのような時はどうすればよいですか?」

この質問に対する私の答えは、次のとおりです。

  • 衝動的に行動することは、誰にでもあることです。私にも頻繁に起こります。そうしないと、ストレスが溜まってしまう、というのもよくわかります。
  • その一方で、衝動的に行動すると、誰かを傷つけることになるかもしれませんし、自分自身を傷つけるかもしれません。衝動的に行動することによって、自分の立場がかえって悪くなることもあるでしょう。その結果、より多くのストレスを抱えることになるかもしれません。
  • なので、お勧めするのは、衝動的な行動を一旦ストップさせて、理性が戻ってきてから、最適な選択肢、を選ぶことです。
  • 最適な選択肢を選ぶにあたって、考慮していただきたいのは、「自分を含めて、誰も傷つけない」、それから「困難な状況をうまく乗り切ることができる」ということです。場合によっては、「衝動的に怒ってみせる」というのが、その時の最適な選択肢なのかもしれません。
  • ストレスへの対処の方法としては、できるだけ、健康的な対処方法を選びましょう。「定期的な運動、気晴らし」1)運動によるストレス低減効果に関する研究、「マインドフルネスの実践」などがあります。

ところで、「衝動的な反応を一旦停止させる」ということは、一見すると、自然の流れに反した、不自然な行動に見えます。

なぜなら、「怒りの感情を感じて、衝動的に行動する」ということは、進化の過程で獲得した生き残りのためのメカニズムだからです。実際、そのように行動したほうが、集団の中の地位が向上して、子孫を残しやすくなるのではないか、と思うこともあります。

例えば、サル山の猿は、餌を誰かに取られそうになったら、直ぐに反応しないと生き残れないし、子孫も残せないでしょう。

人間の社会でも、暴力が支配するような社会では、そのように行動しないと生き残れないかもしれません。

その一方で、大抵の人間社会では、衝動的に行動する人は、共感や尊敬を得られなくて、成功しにくい、つまり、子孫を残しにくいと思います。

だから、「衝動的な行動を一旦止めて、理性的に行動する」という能力も、人間が集団で暮らす中で、進化して身につけた能力だと思います。それほど不自然なことではないのです。


Google で開発された人材育成プログラム SIY(サーチ・インサイドユアセルフ)は、

  • エモーショナル・インテリジェンスによる理論
  • 脳科学による裏付け
  • マインドフルネスによる実践

に基づいて、

  • 社員のモチベーション
  • 社員の共感力
  • 社員のリーダーシップ

を育成します。

SIY の企業での導入に関しては、まず、1時間程度の無料のパイロットプログラムをお試しください。詳細は下のリンクをご参照下さい。

SIY プログラムの企業導入

出典   [ + ]

コメント

タイトルとURLをコピーしました