泳ぐ瞑想 その後2

マインドフルネス瞑想のやり方

私は水泳が好きで、週に3-4回、プールで泳いでいます。調子のよいときは、45分間ぐらい泳ぎます。

2年ぐらい前から、泳ぐ時に瞑想をするようになりました。私の泳ぐ瞑想のやり方は、こちら、「泳ぐ瞑想」の記事をご参照ください。

今年の6月ごろに左の肩を痛めて、クロールで左手を伸ばした時に、「こきっ」という音がするようになりました。その後、しばらく、肩を養生するために水泳はお休みしていました。

最近になってやっと肩の調子がよくなったので、「泳ぐ瞑想」を再開しています。ここで、いくつか、気がついたことを書いておきます。

自分の体をいたわるということ

私ももう50代後半ですので、体が若い時とちがって無理がききません。一度肩を痛めると、回復するのに何か月もかかってしまいます。

そこで、できるだけ肩をいたわって泳ぐようにしています。

今でも、下のルーティーンで泳ぐ瞑想をしていますが、特に、肩の感覚を観察するようにしました。

私の泳ぐ瞑想ルーティーン

最初の10分呼吸の観察
次の10分体の感覚を観察(特に肩)
次の10分聞こえてくる音の観察
次の10分思考、感情の観察
最後の5分何も選択しない瞑想

自分の肩の感覚を観察していくと、肩に優しい気持ち、愛おしい気持ちを感じます。これは、自分に対する優しい気持ち(セルフコンパッション)につながると思います。

クロールのフォームも、肩をできるだけ痛めないフォームに少し変えました。息継ぎを左、左、右、右、としていたのを、全て左だけにして、ローリングも大きめにしました。

思考と感情の観察

泳ぐ瞑想を初めた頃は、思考や感情の観察がほとんどできなかったのですが、以前と比べて、できるようになってきた気がします。

泳ぎ始めて最初の30分間は、呼吸や体の感覚、音を観察しています。その間も、思考に囚われてしまうことが多いのですが、ターンのたびに、心がなにかに囚われていないか、確認する癖がついてきました。

思考と感情を観察する10分間については、まず、最初の5分間は、心に浮かんでくる思考がないかを観察します。うまく、観察できるときもあれば、いつのまにか思考に囚われてしまっていることもあります。

後の5分間で、感情を観察します。自分の心模様というか、心の状態を観察します。隣のレーンの人が見えたら、闘争心、エゴ、虚栄心、絶望感などがあっとゆ間に心に現れてきます。

このような思考や感情の観察のためには、やっぱり、継続して同じ環境で瞑想を続けることが大切なんだと思いました。

幸せな気持ち

以前、水泳をやっている間は、体が苦しくて、早く時間が進んで終わってほしい、とずっと考えいました。

最近は、この泳ぐ瞑想の間、そのように辛い思いをすることが少なくなったような気がします。その一方で、幸せな気持ちを感じていることがあります。

これは、自分の体へのいたわりの気持ちのせいなのか、あるいは、瞑想自体にそのような効果があるせいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました